【書き下ろし】Nine【5声】

いかがでしたでしょうか

みなさん、この一年は

記念日って意味がないと思っていました

人間が決めたものなので

でも人間が決めたものだから意味があるのだと、最近は納得しています

**

2000年以上前の誕生日に向けてたくさんの人たちが動いています

それから

新しいカレンダーを前にして、たくさんの人たちが笑ったり、ため息をついたりしています

***

声だけで音楽をしようとする人たちがいて、素敵な、25日間のカレンダーを作ってくれました

アカペラアドベントカレンダー

参列できて嬉しいです、ありがとうございます

19日は きなこくるみ さんです

この一年で作った管弦楽アレンジを振り返る

21日は 長澤 宏史(ヒロ) さんです

発声を学んで世界が変わった話

****

今日は12月20日(金)です、どうしても参加したくて曲を書きました

演奏と録音は

齋藤 龍 Ryu Saito さん

ミキシングは

AKKI さん   です

あつく御礼申し上げます

*****

曲名は Nine(ナイン)です

良質音源 GoogleDrive

PDF Nine

MIDI Nine

YouTube

◎こちらの詞、曲および楽譜は著作権フリーです、どうぞご自由にお使いください

◎歌唱音源の使用につきましては、龍さんとAKKIさんにそれぞれお問い合わせください

******

詞について記します。

重なり合っていた夢が

乾いて剥がれる前に

涙でそっと凍らせて

もみの木 飾ろう

今年、ACAPPELLER.JP(この企画の主催のひとつです)に参加させていただきました

日々、いろいろな発想が形になろうとするさまを、わくわくしながら拝見しています

冬は寒くて湿度が低いですが、対策はお済みでしょうか

パーソナルな感情やパーソナルなケアが守ってくれる事柄、意識できるより多いのではないかと思います

街角に九つの交響曲と

心なしか眩しい交通整理

広すぎる歩道にも懐かしいほど

雪が積もって

ストリートでコーナーなシンフォニーのことです

耳硬化症を患ったあの方のあの曲のことでもあります

「此処」という音が反響しています

働く人の姿は尊く、イルミネーションのように聖なります(願わくば、その発端が事故でありませんようにと)

人口減少か、都市計画の失敗か、いつも隣にいた大切な人を失ったか

龍さんのふるさとは、どのくらい雪が積もるのでしょう

“Merry Christmas and Happy New Year!”

来年のことなど 鬼が笑うだろうけど

何度でも ここから 祈る

嘘じゃない 声で

下を向いて歩いていても、その決まり文句は耳に入り込んできて、私たちを季節に作り変えます

もう12日後のことです、鬼の方こそ笑っている場合ではないのです

龍さんの声で聴きたいフレーズを詰め込みました、堪能

*******

音符について記します

[Intro]

絶対にクリスマスソングに聴こえないことを目標にしました

不安定な和音を機械的なリズムで

[A]

そこに主旋律

おおらかな成分とこまやかな成分を交互に

[B]

こまやかな成分だけで主旋律を開始します

コーラスに200年程前の旋律を引用しています

ベースは上昇型を基本に、次第に刻みへ

終盤、旋律的であることを放棄し、おおらかな成分へ

[C]

ある曲に似ていることに、書き終わる寸前で気づいてしまいました

メッセージの方向性は同じとみて、そのままにしました

冒頭、上昇型だけでできた主旋律です、シンガーの音域の広さを活かします

登ったら降ります

アレンジャーの会 さん(この企画の主催のひとつです)へのオマージュとして、リハーモナイズを施工しました

********

こちらに色んなファイルをまとめています

drive.google.com/open?id=1MzaSxVwaFRiEl9KA3iRNRjh6qsB44Cy2

解説PDF・・・楽譜に書き込む形でコメントをしています

XML・・・いろんな楽譜ソフトで開くことができます

SDX・・・カワイ スコアメーカー というソフトで開くことができます

MP3・・・スコアメーカーの音源によるプレイバックです       等

*********

いかがでしたでしょうか

来年はあなたの書いた曲を聴けたなら、嬉しいです

ご覧くださりありがとうございました、どうぞよいお年を!

倉田 京