結局、MuseScore2と3の互換性ってどうなってんの?

MuseScoreの新しいバージョン3が公開されましたが「前バージョンとの互換性がどうのこうのって意見がたくさんあってよくわからん!!!!」という方も多いはず。 じゃあ実際にやってみたらいいじゃん!…でやってみた結果をまとめてみました。

MuseScore2でつくった楽譜は3で開ける(が、デザインが崩れる)MuseScore3でつくった(上書き保存した)楽譜は2では開けない

※ ここでミソなのが、「MuseScore3で上書き保存したファイルは、MuseScore2では開けない」ということ。仮にMuseSocre2で作成した楽譜でも、MuseScore3で開いてそのまま上書き保存しちゃうとMuseScore2では開けません。 ※ 以前作成したMuseScore2のファイルをMuseScore3で開きたい場合は、事前に「楽譜名_ms3.mscz」のようなコピーファイルをつくっておきましょう

実際にやってみた

MuseScore2で楽譜をつくりました。 (なんとなく「おにのパンツ」をつくりました。) ↓ MuseScore3で開くことはできますがデザインが崩れます。 ちなみに。 MuseScore2のファイルを3で開く際には「全ての位置をリセットしますか?」ときかれますが、リセットしようがしまいが一緒です。どちらにせよデザインは崩れます。どうせ崩れるのにリセットするか聞いてくるこの仕様についてはよくわからないのですが、SgeyosPさんは「どうせ整え直す必要があるので、MuseScore3で整え直すのであれば『はい』の方が良いでしょう」とコメントしています。 ナルホド。たしかにそのとおり。

おまけ:今回実験でつかったファイル A:MuseScore2でつくったおにのパンツ B:Aの楽譜をMuseScore3で開いて、レイアウトのリセットをしなかったおにのパンツ C:Aの楽譜をMuseScore3で開いて、レイアウトのリセットをしたおにのパンツ

結論

結局はコレ。

そもそも

メジャーアップデートです

今回はいわゆる「メジャーアップデート」というもの。 みんな大好きなiPhoneにもiOS10.1.2だとか言われるようにバージョンがありますよね。基本的にバージョンは「AA.BB.CC」のようなドットで3つに区切られ表現されます。CCの数字が変わる場合は、ちょっとしたバグ修正だったりするのですが、AAの数字が変わる場合には大きく仕様変更が入りますので別物になると考えてもよいでしょう。(今回は「MuseScore 2.BB.CC」から「MuseScore 3.BB.CC」とバージョンアップ!)

諦めないでっ!

このアップデートでMuseScoreをやめよう、と発言している方も見受けられましたが、「ちょっとまった!」と声をかけたいところ。大幅アップデートするということはもろもろのバグ解消をはじめ、新機能がたんまりと増えたり、使いやすさが向上しているものです。

もしもMS3の楽譜をMS2で開きたい場合

そんなときは「MuseScore3で編集した楽譜データをMuseScore2で開きたい場合、.mxlに出力してMuseScore2で開くことで、MuseScore2でも編集することが一応可能」らしいですよ。SgeyosPさんすごいですね! では!素敵な編曲ライフを! (内容に間違いあったらごめんなさい。)