#2020年のsuisai

こんばんは、2gouです。
こちらのブログは、随分久しぶりの更新となってしまいました。

suisaiの今年、2020年の活動を振り返り、
そして来年、2021年へ向けての展望を少しだけ、お伝えできればと思います。

今年を語るうえでどうしてもはじめに触れなければならないのが、新型コロナウイルス(Covid-19)です。
現在も感染者は増加し、医療体制の逼迫をはじめ、日本、そして日本以外の国々においても、昨年とはまったく様相の異なる年の瀬を迎えている方々が数多くいらっしゃることでしょう。
まずは、様々な境遇の中で今年を過ごしたすべての方々のこころに、suisai一同、出来うる限りの想いを致したい。
そう思っております。

僕達自身も、これまでとは異なるあらゆる状況に直面した1年間でした。
3月に出演を予定していた「ヒカリノテラス」および「ふぷけーじ」への出演辞退、そのほかにも様々な対面での催しやライブの機会を諦めざるを得ませんでした。

ままならぬ状況の中で、suisaiとしてできることは、すべきことは何か。
「オンライン」という形で、積み重ねていきました。
以下が、新しく試みたもの、実践している主な活動です。

  • LINE公式アカウントでのライブ映像等公開
    (登録はこちら → nav.cx/904kT44
  • オンラインバンクリ
    (演奏動画、音源にメンバーから感想やアドバイスをお送りしました)
  • On-line Package “mado” 始動
    (YouTube再生リスト → bit.ly/3o1BKgI
  • Instagram 開設
    www.instagram.com/suisai_acp/
  • オンラインショップ 開設
    suzuri.jp/suisai_acp
  • 1st mini「ユートリズム」、single「光る。」サブスクリプション配信開始
    bit.ly/34XJusu

それぞれについての詳説は別の機会とし、ここでは割愛しますが、
「できること」「やりたいこと」そして「必要なこと」はいったい何なのか。
メンバー同士で話し合いを重ね、形にしてきました。

「頑張ったんだ」ということを言いたいわけではありません。
というか何を言いたいのかもよくわからないままに書いているのですが(おい

誰もがこれまでの日常を書き換えて生きていかざるを得ない、そんな毎日の中で、
こうして少しでも、何かを形にし続けられたこと、
そしてそれらを少しでも、聴いてくださる皆さまのもとに届けられたことは、
自分本位に聞えてしまうかもしれませんが、まず何よりも僕達自身にとっての救いでした。

聴いてくださった皆様、温かい言葉をくださった皆様、
本当にありがとうございました。
この先の近く遠い未来にも、何か届けと祈りながら、うたを刻み付け続けた日々でした。
僕たちは確かに、此処で生きていた。

2021年は、これまでの活動を引き続き行いながら、新しいうたをお届けしていきたいと思います。
好きなものを好きで居続けられることは、まったく当たり前のことではないです。
それでも、僕たちが何かを行った分だけ、世界に何かが起こっている。それは確かなことです。

2021年も、suisaiは歌い続けます。
聴いてくださるすべての方々に、心からの感謝を込めて。
またきっと、ここでお会いしましょう。

2020年12月31日
十六夜
suisai一同